OSLO

ESPNがおくる冬のスポーツの祭典「Winter X-Games(ウインターエックスゲームス)」が、2016シーズン、ノルウェーの首都オスロでも開催される事が発表された。
ウインターXゲームは米国コロラド州アスペンをベースとしているが、次シーズンは初のノルウェーでも開催される。これはノルウェーの大手商業メディアが政府の支援を受けて実現した。オスロといえば、当初は2022年冬季オリンピックの招致に立候補するも、開催費用への不安の高まりと、地元の反対などもあり断念していたが、こうして冬の祭典を別の形で招致する事となった。

通常のアスペン大会は2016年1月28日から31日に開催されるが、オスロ大会は2016年2月24日から28日。競技は男女スノーボード・スキーのビッグエア、男女スノーボード・スキーのスーパーパイプ、男女スケートボードのストリートとなっており、初めて夏競技と冬競技が同イベントで行われる。尚、スロープスタイルは行われない。

xgames

そして、オスロ大会の招待ライダー第1弾が発表された。

男子スーパーパイプでは、日本が誇るパイプマスター 平岡卓(X-Games 2015:銀、US OPEN 2015:金)。USオープンで優勝する実力がありながらも、Xゲームではまだメダルを獲得していない米国代表のテイラー・ゴールド(US OPEN 2014:金、DEW TOUR 2014:金、X-Games 2015:9位)。そしてテイラーと同じくXゲームでのメダルは無いが、4月にハーフパイプで史上初のトリプルコークを決めたと話題になった中国のイーウェイ・ジャン(DEW TOUR 2014:銀)の3名が招待された。

女子スーパーパイプでは、Xゲームで7個の金、5個の銀、1個の銅メダルを持つ絶対王者ケリー・クラーク(X-Games 2015:銀、US OPEN 2015:金)。Xゲーム2015でケーリー・クラークを見事に破り大会史上最年少で金メダルに輝いたクロエ・キム。テイラーの妹でもあり米国代表のアリエル・ゴールド(X-Games 2015:4位)の3名が招待された。

男子ビッグエアーでは、日本が誇るスロープスタイラー 角野友基(X-Games 2015:銅、Air + Style Los Angels:金)。4月に史上初のスイッチ クワッド アンダーフリップをメイクして話題になったカナダ代表のマックス・パロット(X-Games 2015:銀)。そして世界最高峰のビッグエアーコンテスト「Air + Style」で2015シーズン優勝を飾ったステール・サンドベック(X-Games 2015:5位)の3名が招待された。

女子ビッグエアーでは、3月に行われた「Nine Queens」を制した“ノルウェーのスタイル女王”こと33歳のベテラン、チャースティ・バースの1名が招待された。

また、女子フリースタイルスキースーパーパイプでは、Xゲームで日本人女子初のメダルをもたらした小野塚彩那(X-Games 2015:銀)も招待された。

スノーボード招待ライダー第1弾発表:
Kelly Clark (USA)
Taylor Gold (USA)
Arielle Gold (USA)
Taku Hiraoka (JPN)
Yuki Kadono (JPN)
Chloe Kim (USA)
Kjersti Oestgaard Buaas (NOR)
Max Parrot (CAN)
Stale Sandbech (NOR)
Yiwei Zhang (CHN)

▼オスロ大会のティーザー


▼ノルウェーといえばこの人、テリエ・ハーコンセンもSNSで開催発表を告げた。

It's official. Oslo hosting Xgames 2016 snow, skate and split boards #oslo #osl #xgamesOslo

Terje Haakonsenさん(@chocorompe)が投稿した写真 -



○X Games 2016 Oslo
http://xgames.espn.go.com/xgames/oslo/



【関連記事】