Reo-Takahashi-profile-1

日本のトップストリートマスターの一人 高橋烈男が、「Banshee Bungee(バンシーバンジー)」と、日本人初のプロチームライダー契約を締結した。
Banshee Bungeeはアメリカのカリフォルニア生まれで、一般には馴染みが無いが、ライダーにとってストリートの撮影には欠かせない、伸縮自在のロープのブランドだ。

Banshee Bungee

高橋は自身のフェイスブックで「海外に認められるプロスノーボーダーになりたいってね。アメリカは本場だし奴らに評価されるのは本当に嬉しい事です」と、喜びを伝えた。

プロチームに選ばれた理由については「よくわかりませんがチームを作る最初の方に名前があがったらしいです。。。w ここ3年の活動が評価されたのかな?」と、シーズン中はDaja_Vuクルーや米スノーボーダーマガジン、JPウォーカー、シモン・チェンバレンといった海外のトップライダー達と、ストリートの撮影を勢力的に行って来た事などが理由だと自己分析している。

また、「先シーズンでストリート引退をしようと思っていました」と衝撃告白するも、「最高のチャンスを頂いたので34歳で日本人唯一のバンシーバンジーライダーとしてもう少し突っ走ろうと思います」と、抱負を宣言した。

高橋はディラン・トンプソン、ルーカス・マグーン、ディラン・アリート、アンドリュー・ブリューワー、ブレアー・マッキニーといったストリートマスターが名を連ねるプロチームに加わった。

チームライダー:
Dylan Thompson
Lucus Magoon
Dylan Alito
Andrew Brewer
Blair Mckinney
Reo Takahashi

Banshee Bungee
http://bansheebungee.com/



【関連記事】