okamoto keiji

岡本圭司率いるチームHYWOD(ハイウッド)より、2015年秋に発売予定で、8番目のタイトルとなる新作チームムービー「Worth Doing(ワース ドゥーイング)」のティーザーシリーズ PIECE "5"が公開された。
このPIECE "5"では、HYWODのボス 岡本圭司がついに登場。「岡本圭司の真骨頂だと感じるジャンプは何もパークだけではない」とのことで、ナチュラルでの岡本らしいダイナミックなビッグエアーが少しだけ見る事ができる。

岡本は自身のフェイスブックで「9月発売のHYWOD 8th DVD[WORTH DOING]のティーザーシリーズから自分のパートが公開されました」と紹介すると、「死ぬほど好きなバックカントリーでのジャンプ。カービングもパウダーもパークキッカーもJIBも全部好きやけど、どこまでもぶっとべるんが好きで、自分のスノーボード中で一番比重がでかいです」とナチュラルジャンプが自分に合った一番のスノーボードスタイルだとし、「短いんで見てやってください」と呼びかけた。

岡本圭司の真骨頂だと感じるジャンプは何もパークだけではない

恐怖心やプレッシャーを打ち負かすかのように
自らを鼓舞する姿は、現場の人間ですら知る人は少ないだろう

”Nothing WORTH DOING is easy”
   やりがいのある事に簡単な事はない


hywod4

【関連記事】