endo

岩手県矢巾町(やはばちょう)の中学2年の村松亮君(13)がいじめを苦に列車に飛び込んで自殺したとみられる問題で、複数いる加害者の中でも主犯格とみられる少年が、スノーボーダー E.Y.だということが分かった。多くのネットニュースや、まとめサイトがこぞって実名を報じている。
村松君は、E.Y.らに砂をかけられたり、殴られたりする姿をたびたび目撃されていた。その前後に「ずっと暴力、ずっと悪口、やめてといってもやめないし、休みたい」、「悪口を言ったり、仲間はずれにしたり、暴力をふるう人がいる」と担任に提出する『生活記録ノート』に書いていた。しかしながらSOSは届かず、村松君はいじめを苦に電車に飛び込むと自ら若い命を絶った。

同級生らのネットリークで主犯格として浮上したのが、天才スノーボードキッズ E.Y.。自宅の庭には専用トランポリンがあり、ジャンプの感覚はここで磨いたようだ。自宅から200km離れた「東北クエスト」にも度々通い、今年行われた同施設の大会ではバックサイドダブルコーク1080とフロントサイドダブルコーク900で勝ちあがり、日本最大級のスロープスタイルコンテスト「SLOPESTYLE」への出場切符を見事手にしている(結果は予選敗退)。同じく3月には日本最大のスーパースパインとキッカーのコンテスト「AIRMIX」にも出場したが、予選敗退している。

トランポリン

この事がネット上で話題になると、東北クエストとSLOPESTYLEのサイトでは、E.Y.に関する情報が削除され、現在は閲覧できない状態となっている。YouTubeやvimeoにアップされていた動画も全て削除され、『こども店長』として度々登場していた安比高原のオフィシャルブログでも無かったことのようにブログ記事が削除された。

「いじめられっ子」がスノーボードに熱中し、数年後、オリンピックにも出場、翌年には世界の頂点にも立った。こうしていじめを乗り越え、スノーボードをもっと盛り上げたいとトップで活躍しているライダーがいるかと思えば、殺人にも近い凶悪事件を起こした「いじめっ子」は、悲しくも同じスノーボーダーだったようだ。

亡くなられた村松亮君のご冥福をお祈りいたします。


▼ネット上では加害者の実名報道を含む、真実の追求を請願する署名運動が行われている


【関連記事】