CHDHS-101_main2

米GoPro社はエントリーモデル「HERO(ヒーロー)」シリーズの最新モデル『HERO4 Session(ヒーロー フォー セッション)』を発表した。
HERO4 Sessionの重量は74g。サイコロの様なシルエットになったこのモデルは、従来のものより約50%の小型化と40%の軽量化を実現し、シリーズでも最小・最軽量・最高の使いやすさをうたう。

CHDHS-101_main1

動画撮影のモードは1440/30p、1080/60p、720/100pに対応。8メガピクセルの写真撮影も可能。GoPro専用アプリやリモコンの「スマートリモート2」と組み合わせた、操作や設定に対応している。

防水機能は10メートル防水で背面のLCDタッチディスプレイがないなど、他のモデルより不便な箇所もあるが、シンプルな「ワンボタン操作」もHERO4 Sessionの特徴で、シャッターボタンを軽く押すだけで自動で電源が入りそのまま録画を開始し、長押しするとタイムラプス静止画撮影が始まる。さらにシャッターボタンをもう一度押すと動画・静止画を保存し、カメラの電源がオフになる。

CHDHS-101_life3

他にも無線LANとBluetoothも装備。microUSBケーブル、曲面用マウントおよび平面用粘着マウントが付属し、もちろん既存のGoProマウントにも全てに対応する。

米国では7月12日に、日本でも7月中に発売される予定。価格は税込みで5万2000円。





[GoPro人気ランキングはこちら]
1751966-1-1


【関連記事】