arai

妙高市は3日、妙高市のスキー場「新井リゾート(ARAI MOUNTAIN & SPA)」(現妙高リゾート)を公売によって落札した「株式会社ホテルアンドリゾート上越妙高」より代金18億円が市に振り込まれ、所有権が同社に同日移転し、譲渡完了した事を発表した。
株式会社ホテルアンドリゾート上越妙高は、先月12日に落札し、同月26日に売却の正式決定を受けていた。

ネット上では落札した当初より新井リゾート再開の期待が高まっているが、同社が今年5月に設立したばかりで資本金も5万円しかない法人なだけに「本当にこの会社大丈夫か?」「ダミー会社だろ」「実態の無い会社だから怪しい」といった声や、「中国系の会社?」「すぐに中国に売り飛ばすだろ」「転売目的か?」といった新井リゾート再開を目指さずに、ただの日本の土地・資源を買い漁っている中国系への転売だと疑う声も少なくない。

果たして旧・新井リゾートは、新・新井リゾートに生まれ変わるのだろうか?株式会社ホテルアンドリゾート上越妙高の今後の動向に期待と疑いの注目が集まる。

(Photo Credit: Lattice in the Lettuce

【関連記事】