takeuchi5

ソチ五輪銀メダリストの竹内智香が24日、巨人対DeNA戦(東京ドーム)の試合前に始球式を務め、スタンドから大きな歓声を浴びた。
高校の授業で野球を行っていたという竹内選手。「スノーボードは1回失敗しても取り戻せるけど、1球というのはすごく緊張しました」と言いながらも、思い切りよく投げたボールは捕手の手前でワンバウンドするも、ほぼノーバウンドで届くという素晴らしい投球を披露した。

takeuchi1

takeuchi3

無事に役目を果たした竹内は「(球場に)温かい雰囲気があって、それがプロのすごさ。いい経験をさせてもらった。」「すごく楽しかったです。いいボールを投げて、巨人のみんなに勝ってもらいたいのでホッとしました」と喜び胸をなで下ろした。

始球式前にはグラウンドでフリー打撃などを見学し、憧れの原監督にあいさつ。「ようこそ!」と歓迎され、握手だけでなくグータッチも体験し「みんながみんなできることではないので、うれしかったです」と満足そう。「緊張していてあまり覚えていないけど、優しくて、会えて本当に良かったです」と、喜んだ。

takeuchi2

最後は「たくさんのことを経験して、人として成長して表彰台に上がりたい」と3年後の平昌冬季五輪を見据えた。

また、始球式の前にはこんなやりとりも。日本テレビ『Going! Sports&News』のツイッター公式アカウントがツイートした「ちなみに学生時代、授業での野球は得意だったそうですよ(^^) 」に対して竹内が即座に反応し「授業ではやっていたけど 得意ではない けど頑張ります\(^o^)/ 」と引用リツイート。それに対して「あらっ、それは大変失礼しました>_<」とGoing! Sports&Newsが謝罪するという一幕もあった。


一方、試合の方は竹内の応援も虚しく7対2で巨人がDeNAに逆転負けしている。

(via:日刊スポーツ, サンスポ, 東スポ, スポーツ報知

【関連記事】