IMG_0213

茨城県つくばみらい市野堀に今夏オープン予定のスノーボード練習施設の続報が入った。
このエアマット施設は元プロスノーボーダーで、現在はTorqrex Snowboards(トルクレックス スノーボード)や、スノーボードショップ『Society(ソサイアティ)』などを運営する肝付兼久が手がける新施設。マットの方は『バグマット』ではなく、『ランディマット』になるとのことなので、前回記事の訂正も兼ねてのご紹介です。

写真は実際に設置されるマットと同じタイプのもので、新施設ではこれよりも大きくなる予定。施設名称については現在はまだ『未定』で、施設の場所は『つくばみらい市野堀字天田窪台529−3』になる。コースは全長100メートルのジャンプ練習用を含む3つのコースを予定し、人工芝マット形状はコースによって変わるが、まだ『検討中』とのこと。利用料金についてもまだ『未定』となっている。

「多くの問い合わせを頂きありがとうございます。現在オープンに向けて急ピッチで作業を頑張っていますので、楽しみに待っていてください」と、代表の肝付よりコメント。

施設に関してはまだ大部分が工事中なので未定となっている部分が多いが、さらに続報が入り次第、引き続きヘビースノーカーでは紹介していく予定だ。

○Society 公式サイト
http://www.a-secret-society.com/

【カタログ】
TORQREX Snowboards /2015-2016スノーボードカタログ

【関連記事】