雲海

雲海、富良野観光の夏の目玉に ゴンドラ運行、写真集も

富良野スキー場の頂上付近から望む雲海を、新たな観光の目玉に育てようという試みが加速している。
地元写真家渥美顕二さん(72)は写真集を出版。観光関係者は同スキー場のゴンドラを7月から特別運行する。同じ上川南部の占冠村にある星野リゾートトマムの雲海テラスと同様、夏季観光の切り札としたい考えだ。

渥美さんは東京出身。CM写真家として活躍していたが、1983年に富良野に移住し、自宅に「丘の写真館」を開設した。これまで「丘 悠悠」(北海道新聞社刊)などの写真集を出している。

▼掲載作品のパネル横で写真集を手に「飛び込みたくなる雲海」と語る渥美さん
雲海

昨年8〜10月、ふらの観光協会が雲海観光の可能性を探るために計6回行ったスキー場ゴンドラのモニター運行に全て同行したところ、後半の3回、山頂のゴンドラ降り場(940メートル)周辺で見事な雲海に遭遇した。

新しい写真集「丘の四季彩」(A5判、1500円)は、カラー写真96枚を掲載。雲海の作品6枚を目玉に、四季ごとの富良野や美瑛の丘や雲の様子などを捉えている。

一方、同協会と新富良野プリンスホテルも雲海観光に本腰を入れ、ゴンドラを7月19日〜8月23日(午前6時半〜9時半)、9月19日〜10月4日(午前6時〜9時)に共同で特別運行する。料金は大人1900円、小学生以下950円。

写真集の問い合わせは丘の写真館(電)0167・23・2110、ゴンドラ運行についてはふらの観光協会(電)0167・23・3388へ。

(Top Photo Credit: 富良野スキー場 【プリンススノーリゾート】

北海道新聞
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0139749.html

○富良野スキー場
http://www.princehotels.co.jp/ski/furano/

○富良野スキー場 【プリンススノーリゾート】 facebook
https://www.facebook.com/furanoskiarea