地形を使ったグラトリ「ロティサリー720」が公開され、注目を集めている。ライダーは、Arborチームで活躍するエリック・レオン(Erik Leon)。米バーモント州のマウントスノーで撮影された。
3月下旬にアレック・オーストレング(Alek Oestreng)のカービングフリップで話題になったが、それとはちょっと違い、エッジをかけてはいるもののアレックのように深くカービングを刻まず、両手も使って(?)飛び出し、アレックやマーカス・クリーブランドらがやっているのよりもさらに180度回転が多い720まで回している。

ロティサリーとは、「回転肉焼き器」という意味。正に読んで字の如く回転肉焼き器のようなフリップとなっている。
ロティサリー

【関連記事】