maxparrot
(Rider: Max Parrot)

4日、カナダ ケベック州 サン ソヴェール デモンにて、第14回目となった歴史あるスノーボード コンテスト「SHAKEDOWN(シェイク ダウン)」が今年も開催された。
10人のライダーによって行われたファイナルでは、キッカーからレールへの2セクションを90分間のジャム形式により、ベスト2ランの合計ポイントで勝者が決まった。

結果、五輪カナダ代表のパックス・パロット(Max Parrot)が、大会史上初のトリプルコーク1440や、cabトリプルコーク1440などで、何度も優勝経験のある強豪セブ・トゥーツを破り、見事 賞金20,000ドルと念願の初優勝を手にした。

「プレッシャーだったよ。この大会に出場するようになって4、5年は経つけど、優勝したことが無かったんだ。世界中でもここケベックで勝利する事に意味があるからね。最高だよ。ほんと夢みたいだ!」と、マックスが喜びを爆発させた。

大会後に更新した自身のInstagramでは「SHAKE DOWNでやってやったよ!来てくれたみんなもありがとう!優勝やばいね!」と、喜びをファンに報告した。

Shake Down was a blast!! Thanks to everyone who came!! Stoked on the win!! 😊 photo:@yann_roy

Maxence Parrotさん(@maxparrot)が投稿した写真 -



2位にはXゲームのムービーコンテスト「REAL SNOW」で史上最高傑作賞にも選ばれたセブ・トゥーツ(Sebastien Toutant)が入り賞金5,000ドルを手にした。「マックスはコンテストでいつも見てるけど凄い奴だよ」と、セブが王者を称えた。

3位には18歳のマイケル・シサレリ(Michael Ciccarelli)が入った。

SHAKEDOWN本戦前に行われたレール ジャム コンテストでは、セブ・トゥーツがベストライダー賞に、クレイグ・ゴーウィルース(Craig Gouweloos)がベストトリック賞にそれぞれ選ばれた。

セブが大会後に自身のInstagramを更新して「今年は最高だったね!レールジャムで優勝し、コンテストで2位に入ったよ!」と、喜んだ。



▼大会前にはプロモーションの一環として、2人仲良くテレビ番組に出演した


2013年大会には角野友基が出場したが、昨年に続き今年も日本人選手は誰も出ていない。

SHAKEDOWNリザルト:
1. Maxence Parrot (CAN) 60.40
2. Sebastien Toutant (CAN) 59.30
3. Michael Ciccarelli (CAN) 54.70
4. Keassy Patenaude (CAN) 48.40
5. Craig Gouweloos (CAN) 46.80
6. Kim-Rune Hansen (NOR) 40.50
7. Michel Gregoire (CAN) 39.40
8. Mark Hoyt (USA) 24.70
9. Christopher Collard (CAN) 24.50
10. Marc-Andre Tremblay (CAN) 23.30

レールジャム:
Seb Toutant(ベストライダー)
Graig Gouweloos(ベストトリック)

shakedown podium

▼ファイナル ハイライト ムービー


▼レールジャム ハイライト ムービー


▼アマチュアライダー 予選 ハイライト ムービー


▼セブ・トゥーツとマックス・パロットによるGoProプレビュー


▼痛々しい転倒シーン集


▼スケート ミニランプ セッション


【追記:2015-04-08】

【関連リンク】

【関連記事】