雪崩1

仲間や誰かが目の前で雪崩に巻き込まれるというアクシデントに遭遇した時、あなたは即座に助け出す準備が出来ていますか?
この動画では、1月30日にスイス アルプスで起きたそんな雪崩に完全に巻き込まれた仲間を救助(呼吸確保)するまでの様子がヘッドカムにて収められており、3月5日に公開されると、現在までに125万回以上再生される人気となっている。

投稿者のダニエル・オサリバンは、『人の振り見て我が振り直せ』というわけで、準備不足が雪崩救出の状況の中でどう影響するかを、この動画からベストに対処できるように学習するツールとして見て欲しいと公開したようだ。

「私は、雪崩に巻き込まれたスキーヤーとして生存できたのは極めてラッキーでした。こうして、事件の恐ろしさを伝えることができるのですから」と、ダニエル。

雪崩はリゾート内でも知られていない、境界線での斜面で起こったとしている。

そして「決して安全であると思い込まず、どうか気を付けてください。ピストを離れたときはいつでも、決断が最も重要になります。ビーコン、プローブ、シャベルを常備してください。最も大切なことは雪崩に関する教育を受け知識を身につけることです。安全に気を付けてください」と、自らの経験から注意喚起をしている。


雪崩2

【関連記事】