津久井
(Rider: 津久井康友)

3月28日にロシアのハンティ マンシースクで開幕した、もう一つのオリンピックともいわれる聴覚障害者の祭典「デフリンピック」第18回冬季大会にて日本人選手が大活躍している。

ハーフパイプ

男子ハーフパイプでは、津久井康友が銅メダル、奥田和夫が5位入賞。女子では、花島良子が金メダル、大川摩耶子が銀メダルで、日本人選手がワンツーフィニッシュを決めた。

男子銅メダルの津久井は沼田市在住の36歳。ハーフパイプは21歳から始め4年前にも代表に選ばれたが直前の中止で、今回が初めての国際大会だった。

▼花島良子(金メダル)、大川摩耶子(銀メダル)、津久井康友(銅メダル)のコメント
「(訳)ハロー。今までずっと練習してきた結果、ご覧の通り金メダル、銀メダル、銅メダルを取ることが出来ました。みなさん!ご応援をありがとうございました。I LOVE JAPAN, THANK YOU! 〜〜〜Y〜Y〜Y〜O〜O〜O〜M〜M〜M〜〜〜〜」

【花島良子選手、大川摩耶子選手、津久井康友選手のコメント】 (日本語訳) ハロー〜。今までずっと練習してきた結果、ご覧の通り金メダル、銀メダル、銅メダルを取ることが出来ました。みなさん!ご応援をありがとうございました。I LOVE JAPAN, THANK YOU!  〜〜〜Y〜Y〜Y〜O〜O〜O〜M〜M〜M〜〜〜〜

Posted by 全日本ろうあ連盟スポーツ委員会 on 2015年4月1日


▼男子ハーフパイプ表彰式で、津久井に銅メダルが贈られた。
men
men2

▼女子ハーフパイプ表彰式で、花島に金メダル、大川に銀メダルが贈られた。
women
women2

デフリンピックハーフパイプチームの報告です!!!!快晴の中、男女共に激戦が繰り広げられました。その結果、男子津久井康友 選手銅メダル女子花島良子 選手金メダル大川摩耶子 選手銀メダル上記3名がメダルを獲得し...

Posted by 南雲 利仁 on 2015年4月1日


アルペンスノーボードパラレル大回転

原田2
(Rider: 原田上)

アルペンスノーボードパラレル大回転では、原田上がスンツバル大会(2003年)、ソルトレイクシティ大会(2007年)に続いて、3回目の金メダルに輝いた。2011年大会は開催直前で中止となっているので実質3連覇となる。高嶋弘貴は4位入賞。また、星雄一が7位、女子では星奈々が4位で、夫婦での入賞も果たした。

▼実質3連覇で王座を守った原田
原田

※スロープスタイル競技には日本人選手は出場していない。

【関連リンク】
○第18回冬季デフリンピック大会
http://www.jfd.or.jp/sc/km2015/

○一般財団法人全日本ろうあ連盟 スポーツ委員会
http://www.jfd.or.jp/sc/

○一般財団法人全日本ろうあ連盟 スポーツ委員会 | facebook
https://www.facebook.com/jfdsc

○デフリンピック応援プロジェクトチーム | facebook
https://www.facebook.com/JDPPT

○デフリンピック公式サイト(ロシア語)
http://ugra2015.com/

【関連記事】