fislogo
SBX

FISスノーボード全日本選手権は28日、北海道・夕張マウントレースイスキー場にて男女スノーボードクロスが行われた。
男子ではW杯代表の桃野慎也が、4連覇を達成した。

桃野は予選から圧倒的な存在感で勝ち上がり、4人で争う決勝でもスタートで飛び出すと2位以下を寄せ付けず最後までその順位を守った。「勝つことは最低限。世界で戦っているので日本では負けられない」ときっぱり言い切った。

目指した14年ソチ五輪代表を逃した。18年平昌五輪の出場を誓い再び歩き出した今季だったが、12月に右の鎖骨を骨折するなど競技になかなか集中できなかった。1月の世界選手権にぶっつけで出場し33位。その後のW杯にも3戦出場したものの、31位が最高と結果が出なかった。「来季は集中して練習して世界で結果を出したい」と前向きに話した。

2位には同じくW杯代表の渡辺大介。3位には今季からナショナルチーム入りした期待の高校生、高原宜希が入った。

女子では今月からW杯代表として転戦を始めた岩垂かれんが初優勝した。大会前には自身の公式ブログで「必ず最高の結果で今シーズンの締めを飾ります!」と意気込んでいたが、見事達成した。

2012年、2013年、2014年と3連覇していた藤森由香はスロープスタイルに転向した為、SBXでは出場していない。

男子リザルト:
1. 桃野慎也
2. 渡辺大介
3. 高原宜希
4. 飯野翔揮
5. 飯嶋耕二郎
6. 岡田海人
7. 笹谷駿
8. 手計岳隆
9. 佐々木崇寛
10. 宮本賢路

men

女子リザルト:
1. 岩垂かれん
2. 五日市香織
3. 冨田マリア
4. 鎌田朋子
5. 村井美萌砂
6. 滝沢葵
7. 東田正美
8. 浜和加奈
9. 前田佳苗恵
10. 岡本美樹

women



(via:日刊スポーツ

【関連リンク】

【関連記事】