デフリンピック

2020年東京五輪・パラリンピックに関心が高まる中「もう一つの五輪」に挑む選手たちがいる。ロシアで28日開幕する、聴覚障害者の祭典「デフリンピック」第18回冬季大会。知名度はまだ低いが、これから20年にかけて障害者スポーツが注目され、大会への理解が進むことを関係者は期待している。
「実は伝統ある大会なんです」と日本選手団の粟野達人総監督。デフリンピックは第1回の夏季大会が1924年にフランスで、冬季は49年にオーストリアで開催された。当時は「世界ろう者競技大会」と呼ばれていたが、2001年に国際オリンピック委員会(IOC)の公認を受け、現在の名称になった。

障害者スポーツでは、主に肢体や視覚に障害がある人を対象にした最大の国際総合大会、パラリンピック(60年に第1回夏季大会)が有名だが、デフリンピックも徐々に規模を拡大。一昨年のブルガリア夏季大会では90の国・地域の約2900人が、水泳や柔道など18競技で熱戦を展開した。日本は夏、冬とも60年代半ばからほぼ毎回参加している。

競技のルールは五輪と同じで、異なるのは「競技開始の音や審判の声などの合図を、照明や旗で代用する点くらい」(粟野総監督)。健常者の国内大会に出場し上位に入る選手もいるという。

TR2015032400024

今回、アルペンスノーボード日本代表のコーチを務める鶴岡剣太郎さん(40)は、06年トリノ冬季五輪スノーボード男子パラレル大回転代表。「聞こえない中で 、(私たち健常者と同様に) 高い技術やスピードが求められる競技をする姿に驚き、感動することも多い」と実感を込める。

とはいえ大会への社会の関心は低い。スポンサーを見つけにくく、遠征費などの工面に苦労する選手も多い。手話ができる指導者は少なく、練習できる環境も限られる。アルペンスノーボード選手で、過去2度の大会で金メダルに輝いた栃木県日光市の原田上さん(39)は「少しでも多くの人に大会を知ってもらい将来、若い聴覚障害者が活躍できるよう頑張りたい」。

過去の開催地は北欧など障害者福祉の先進国が目立つ。日本選手団を派遣する全日本ろうあ連盟にとって国内開催は長年の悲願だ。東京五輪・パラリンピックに向けて「国内外の聴覚障害者も楽しめるよう、手話通訳や字幕サービスなど情報格差を減らす環境整備を訴え、日本開催につなげたい」と粟野総監督。

筑波技術大の及川力教授(聴覚障害者教育)は「外見上分かりにくいとされる聴覚の障害に対する理解が深まってゆけば、 日本開催の可能性も高まり、 誰もがスポーツを楽しめる暮らしやすい社会づくりにもつながる」と期待を寄せる。

今回大会は4月5日まで、ロシア中部のハンティマンシースクなどでアルペンスキーなど5競技が行われる。
(共同通信)

日本選手団名簿(スノーボード):
アルペン:
土師比佐夫(監督)
鶴岡剣太郎(コーチ)
津賀裕喜(アスレティックトレーナー)
原田上
星雄一
高嶋弘貴
星奈々
手塚久野

ハーフパイプ:
南雲利仁(監督)
奥田和夫
花島良子
津久井康友
大川摩耶子
岡本信彦
森仁秀

選手団名簿一覧
http://www.jfd.or.jp/sc/km2015/teamjapan/members

おはようございます!!ロシアへ行ってきまーす^_^愈々、8年振りに開催が決定した冬季デフリンピックハーフパイプチームがロシア大会へ挑みますp(^_^)q約2年前にお話を貰い、コーチを引き受け、コーチ陣とやれる事はやってきました。その...

Posted by 南雲 利仁 on 2015年3月23日


【関連外部リンク】
○第18回冬季デフリンピック大会
http://www.jfd.or.jp/sc/km2015/

○一般財団法人全日本ろうあ連盟 スポーツ委員会
http://www.jfd.or.jp/sc/

○デフリンピック応援プロジェクトチーム | facebook
https://www.facebook.com/JDPPT

【関連記事】