taku

◆子どもらに教室 世界の技披露

ソチ冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプの銅メダリスト平岡卓さん(19)への、郡上市スポーツアンバサダー(大使)委嘱式が21日、岐阜県郡上市高鷲町の高鷲スノーパークで行われ、就任した平岡さんによるスノーボード教室も開かれた。
スポーツアンバサダーは市親善大使のスポーツ分野。平岡さんは奈良県出身で、小学生時代から国内最大級のハーフパイプコースが常設されている同スキー場で練習に励み、同市白鳥町のスノーボードクラブチーム「フッド」に所属して国内外の大会で活躍、五輪のメダリストとなった。今季は、冬季Xゲーム2位、USオープンでは優勝を飾っている。

たくさんの市民やボーダーが注目する中、平岡さんがハーフパイプパフォーマンスを披露した後、日置敏明市長から委嘱状が手渡された。日置市長は「郡上を第二の故郷と言ってくれる平岡さんは郡上の誇り。今回も快く引き受けてもらい、感謝している」とあいさつ、平岡さんは「郡上は第二のホーム。盛り上がってくれたらうれしい」と思いを語った。

式後の教室には、子どもら30人が参加。実力ごとに分かれた六つのグループを平岡さんが順に回り、「うまくなったのはいっぱい滑ったから」などと指導した。

岐阜新聞
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20150322/201503220946_24569.shtml





Takasu superpipe sessions with raibu.

taku hiraokaさん(@taku_hiraoka)が投稿した写真 -




【関連記事】