fislogo
 Julie Zogg

スノーボードのワールドカップ(W杯)は14日、ドイツのビンターベルクでパラレル回転のシーズン最終戦が行われ、女子の竹内智香は決勝トーナメント1回戦で敗れて9位だった。
家根谷依里は15位。ノルウェーのヒルデカトリーヌ・エンゲリが優勝した。W杯年間総合チャンピオンにはジュリー・ゾッグが初のタイトルを獲得。竹内は15位、家根谷は27位だった。

▼W杯最終戦を前に竹内がシーズンを簡単に振り返った

男子の日本勢は決勝トーナメントに進めず、斯波正樹が21位、吉岡健太郎は23位だった。優勝はイタリアのロラント・フィシュナラー。W杯年間総合チャンピオンにはスロベニアのザン・コシールが初のタイトルを獲得。斯波は25位、吉岡は37位だった。

(Photo:W杯年間総合タイトルを獲得したJulie Zogg | FIS

男子パラレル回転リザルト:
Rank Athlete Country Results
1 FISCHNALLER Roland ITA
2 KARL Benjamin AUT
3 SHIPILOV Konstantin RUS
4 UNTERKOFLER Anton AUT
5 KOSIR Zan SLO
6 WILD Vic RUS
7 PAYER Alexander AUT
8 MARGUC Rok SLO
9 SOBOLEV Andrey RUS
10 CORATTI Edwin ITA

女子パラレル回転リザルト:
Rank Athlete Country Results
1 ENGELI Hilde-Katrine NOR
2 JOERG Selina GER
3 ZAVARZINA Alena RUS
4 BIELA Weronika POL
5 KARSTENS Anke GER
6 ZOGG Julie SUI
7 SCHOEFFMANN Sabine AUT
8 CALVE Caroline CAN
9 竹内智香 JPN
10 RIEGLER Claudia AUT