keiji

2月に起きた撮影中の事故で入院療養中の岡本圭司が7日、自身の公式ブログを更新して少しづつ体が癒えて反応をみせている事を報告した。
いまだ絶対安静の寝たきり状態は変わらないが「少しずつ、少しずつ、体が癒えていってるのを感じます。痛みも少しずつ減ってきてるし、本当に1ミリずつとかの単位で、体が反応してくれてる」と、回復を実感して来たようだ。

そして筋肉を使わない分、両脚が衰えていく姿に「自分のこんな細い足初めて見たわ」と、痩せてきた両脚の写真を公開した。

早くスノーボードに復帰したいという岡本は、「そんな大怪我して、まだスノーボードしたいのって言われるけど、それだけ価値があって、魅力的なんです。今まで多くの遊び、スポーツをしてきたけど、楽しさもやりがいも仲間もダントツで最高」とスノーボードの魅力を語り、「自分は危ない限界のところをプッシュしてたけど、それも『生きてる』って実感があったし、何よりこれ以上自分を表現できる方法を知らない」と、自分のライフワーク全てだと記した。

体が動かせない今は毎日、回復して体が動くイメージすることからリハビリを始めているようだ。「脊髄損傷して、下半身麻痺になっても諦めたくない。強い心を持って、もう一度スノーボードしてる自分まで走り続けます。」と、意気込みを綴った。

徐々に | 岡本圭司 公式ブログ



▼HYWOD 2014-15ムービー「DIVISION」

【関連記事】