国際的恥さらし・・平昌冬季五輪スノボ会場の変更計画が突然白紙化、韓国ネットは「本当に開催できるの?」「第二の長野になるのが...」

韓国メディア・SBSは5日、金鍾徳(キム・ジョンドク)文化体育観光部長官が進めてきた2018年平昌冬季五輪のスノーボード・スキーフリースタイルの競技場変更計画が突然白紙化され、「国際的に恥をさらした」と報じた。
記事によると、両競技の会場は2011年の誘致当時から平昌の普光フェニックスパークに決まっていた。しかし、国際スキー連盟(FIS)がフェニックスパークを「国際大会に不適格」として大幅な改修を要求したため、会場整備費が1040億ウォンと、昨年1月時点の見積もりの205億ウォンの約5倍に膨らんだ。

これに驚いたのが文化体育観光部で、今年に入って会場を変更する方針を打ち出した。

変更先とされたのは比較的新しい設備を備えたハイワンリゾートで、フェニックスパークに比べると約500億ウォンの節約が見込めたという。

文化体育観光部は2月3日に平昌五輪組織委員会や江原道の関係者とハイワンリゾートを訪問。同月22日にはFIS関係者を招いて変更計画を説明していた。

だが、この変更計画は地元江原道の反発を招いたばかりか、FISからも「到底理解できない」(カスパー会長)と相手にされなかった。結局、文化体育観光部は4日午後になって変更計画の白紙化を発表する事態に追い込まれた。

SBSは「スノーボード・フリースタイル競技場の変更は、文化体育観光部が推進し、様々な物議を醸したうえで、文体部自らが1か月で放棄した形となった」としたうえで、「その過程で、韓国側の情けなく無能な行政、不協和音がそのまま国内外に伝えられた」「すべての問題を調整し、解決しなければならない文化体育観光部が、すべての問題の出発点になってはならない」と指摘。さらに「金長官は、内部の混乱や国際的に恥をさらしたことに責任を痛感すべきだ」と厳しく批判している。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「五輪はボイコット!実務者を捜査しろ」

「国から税金で給料をもらっていながら、国を侮辱した文化体育部の長官は責任を取って、辞任しろ」

「五輪は本当に開催できるのか?蛭みたいに税金にたかっている」

「こういう記事をみると本当に腹が立つが、これが現実。五輪の関係者は今からでもしっかりしてほしい」

「仁川に続き、平昌まで。借金まみれになる」

「だからやめよう。北韓と日本が共同開催しようと言ったのは、彼らは遠くにいながらもこうなることを分かっていたんだ」

「長官を更迭させろ」

「五輪が終わったら、災難が始まる」

「罰金払って諦めよう」

「第二の長野になるのが目に見えている。あの費用を観光開発に使ったら江原道にもより利益があっただろうに」

「予算の節約が可能だと言ったのに、なぜ白紙化したんだろう。分散開催などを通してできるだけ経済的にやったほうがいい。五輪はアジア大会とは違う。仁川のように適当にやらないでほしい」

「この人も朴大統領の側近で、天下りだろ?大統領の人事責任」

「競技場の変更じゃなくて他国との分散という裏があるんじゃない?」

FOCUS-ASIA.COM
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150306-00000021-xinhua-cn

【関連記事】