峰山高原1

峰山高原にスキー場計画 17年度開業目指す 神河町

兵庫県神河町は2015年度から、峰山高原(同町上小田)でのスキー場整備を目指し、自然環境などの調査に乗り出す。
美しい景観と、阪神間から車で約1時間半というアクセスの良さで、多くのスキー客が見込めると判断。冬場の観光振興の目玉にしたい考えで、早ければ17年度中の開業を目指すという。

15年度予算案に調査費1300万円を計上した。同町などによると、峰山高原は標高約800メートル。千メートル級の山々に囲まれ、冬場は50センチ〜1メートルの積雪があり、スキー場整備は可能と判断した。

同町では映画「ノルウェイの森」のロケ地となった砥峰(とのみね)高原が有名だが、隣に位置する峰山高原も同作品のロケで使われた。

峰山高原2

また、同高原にある町営ホテルは、県内4カ所を含む全国33カ所でスキー場を運営するマックアース(養父市)が近く指定管理者に就く予定。同社も整備に前向きといい、タッグを組んで運営ノウハウを活用する狙いだ。

一方、高原は県レッドデータブックで地形がAランク、自然景観がBランクに指定されている。県立自然公園内に位置し、整備には有識者でつくる県環境審議会の審査なども必要となる。

神戸新聞NEXT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150305-00000002-kobenext-l28

○株式会社マックアース
http://macearthgroup.com/