20150214135429028

神戸に人工サーフィン場開設へ 国内唯一、本格的練習施設

国内で唯一となる本格的な人工サーフィン施設を、神戸市内に造る計画が進んでいる。スノーボード(スノボ)の練習施設を運営する「レスポンスエンジニア」(同市兵庫区)が手掛け、独自に開発した造波装置は国際特許を申請中。同市北区などが設置場所の候補に上がっており、2015年度中の完成を目指す。
同社は、14年のソチ五輪で入賞した角野友基選手(18)=三木市出身=らが通う「神戸KINGS(キングス)」などスノボのジャンプ練習施設を国内外6カ所で展開する。

スノボのジャンプ台設計などを手掛けている同社社長の押部宣広(たかひろ)さん(42)=神戸市垂水区=が「スノボ分野での経験を新しい場所で生かしたい」と、13年夏に人工サーフィン施設の研究を始めた。

実家の鉄工所や機械設計事務所に勤務して得た知識を基に、水を前方に押し出す手法を使った独自の造波装置開発に着手。津波研究者の論文などを読み込み、大きさが実物の10分の1の装置で実験を繰り返した。

その結果、実際の装置を使った場合は高さ約1・8メートルの波を起こし、15秒間ほどの波乗りが可能なことが分かった。

押部さんによると、国内では、サーフィンに適した波を起こす本格的な施設として、宮崎市の大型リゾート施設「シーガイア」の室内プールなどがあったが、いずれも閉鎖されたという。

施設の名称は「KOBE−REYES(コウベレイーズ)」で、敷地面積は約1ヘクタール。幅最大約60メートル、長さ約100メートルのプールや駐車場、更衣室などを備える予定。

客は未経験者を中心に想定し、道具も貸し出す。押部さんは「サーフィンを一度体験してみたい層は多い。運動不足解消やリラックスを目的に取り組めるような、身近なスポーツとして定着させたい」と意気込んでいる。

▼人工サーフィン施設建設に向け 造波装置製造


造波装置・人工リーフを弊社が1から設計し、国際特許(PCT)出願済みましたので発表です。

今、話題のスペイン、インスタ社が作った「WAVEGARDEN」のようなボートサーフィンの原理を応用したものでも無くAMERICANWAVE社のジェット噴流によるリバーサーフィンの応用でも無く過去に日本でもあった、ポンプによる水圧やブロワーによる風圧によってうねりを生み出すものでも無く 水を押し出し前方へとパワーのある孤立波はを発生させ、人工のリーフによりブレイクさせる。限りなく本当の波に近い状態を作り出します。

現況として-現在は実際の施設を作る土地の交渉中です。世界初のシステムです。当然、完成後も試行錯誤は続くと予想されます。ですので、世界第一号は弊社の地元である「神戸」に作る必要があります。

土地さえ決まれば即決行状態です。今しばらくお待ちください。
出典:新事業計画発表 | 社長日記 より

(via: 神戸新聞