narita

トリノ五輪ハーフパイプ日本代表の成田童夢が、ハーフパイプをライディングする最新ムービーが公開された。
成田はオリンピックから1年後の「NIPPON OPEN 2007」を最後に大会から離れ、2011年には選手引退を表明した。その後はサブカルチャータレントや俳優業として活動している。痛板乗りとしても知られ、JIBA(日本痛板協会)の名誉会長に就任している。

この動画は、そんな成田がハーフパイプをライディングする、2月21日に白馬47で撮影された最新の映像だ。

現役から離れてもそこはさすが元オリンピック選手。本気でトレーニングを積めばすぐに現役復帰できそうな運動神経は健在。それでなくても間違いなく日本一上手い痛板使いだろう。


narita