keita2

スノーボードのワールドカップ(W杯)は20日、カナダのストーンハムで男女スロープスタイルの決勝が行われた。
[男子スロープスタイル予選はこちら]

男子ではHYWODの17歳、弟の稲村奎汰が準決勝から勝ち上がり、決勝では見事3位に入った。「嬉しいしか出てこない感じです。」と、奎汰が言葉少なく喜んだ。兄の稲村樹は準決勝で敗退し14位だった。

keita


シーズン最初のスロープスタイル競技を制したのはcab1260やFS1080などで95.5ptのハイスコアを叩き出したカナダのマイケル・シサレッリ。

「最高だよ!昨日友人のダーシー・シャープがビッグエアで勝利したのに影響されたんだ。とってもエキサイトしているよ。今日の2本目のランは完璧だった。」とマイケルがコメントした。

予選を1位で通過してきたフィンランドのベテラン、ヤンネ・コルピは2位に入った。「表彰台に上がれて嬉しいよ。1本目は自分のベストランじゃなかったけど結果的にそうなってしまった。マイケルの滑りを見たときにもっと上を目指さないとヤバイと思って攻めてったら2本目も3本目も転倒してしまったんだ。でも2位に満足しているよ。」とヤンネがコメントした。

女子では悪天候だった為にスケジュールが変更となり、予選と決勝が同日行われた。日本から出場したTOMBOY 広野あさみ は10位で予選敗退、佐藤夏生は棄権して出場しなかった。

優勝したのは元オランダ五輪代表のシェリル・マースで、ビッグエアーと2種目制覇を達成した。「昨晩はビッグエアで金メダルを獲得して、今日はスロープスタイルで金。信じられない!本当に最高だわ!」とコメントした。

▼稲村奎汰を含む男子トップスリーのラン。※外部サイト(youtube)に飛びます。
SS men_play

▼女子のトップスリーのラン。※外部サイト(youtube)に飛びます。
SS men_play

男子スロープスタイル ファイナル リザルト:
Rank Athlete Country
1. Michael Ciccarelli (CAN)
2. Janne Korpi (FIN)
3. 稲村奎汰 (JPN)
4. Sebbe De Buck (BEL)
5. Petja Piiroinen (FIN)
6. Aljosa Krivec (SLO)
7. Matts Kulisek (CAN)
8. Nicola Dioli (ITA)
9. Roope Tonteri (FIN )
10. Darcy Sharpe (CAN)

ss men podium

女子スロープスタイル ファイナル リザルト:
Rank Athlete Country
1. Cheryl Maas (NED)
2. Jessika Jenson (USA)
3. Klaudia Medlova (SVK )
4. Anna Gyarmati (HUN)
5. Ella Suitiala (FIN)
6. Laurie Blouin (CAN)
10. 広野あさみ (JPN)

FIS SS women

【関連記事】