air +

世界最高峰のビッグエアーコンテスト「AIR + STYLE(エアー アンド スタイル)」のツアー最終戦は21日、第1ラウンドを勝ち上がった10名により引き続き第2ラウンドが行われた。
[第1ラウンドの結果と動画はこちら]

第2ラウンドではヘッドtoヘッドの対戦形式で、3本のランでのベスト2ランの合計ポイントで勝敗を決め、5名がこのあと行われる決勝へと進む。

第1ラウンドを5位で通過してきたXゲームビッグエア銅メダリストの角野友基は、同じく銀メダリストの強豪マックス・パロットと対戦し、BS1260やFS1080など安定したランで81.75ptの高得点で、マックスの49.32ptを大きく引き離し、スーパーファイナルへと進出した。

▼角野友基の1本目(BS1260 mute)

▼角野友基の3本目(BS1260 mute)

▼マックス・パロット(Cab 1260 Melon)

第1ラウンドを圧倒的な強さでトップ通過してきたステール・サンドベックは第2ラウンドでもBSトリプルコークなど変わらず完璧なメイクをみせ83.49ptの最高得点で、スイッチBS1260などで徹底抗戦したTOYOTA BIG AIR 2013の覇者 アントワンヌ・トゥルションの71.92ptを上回り、ステールもまたスーパーファイナルへと進出した。

▼ステール・サンドベック

また、ステールはこの時点でのA+Sツアーポイントで、早くも総合優勝が確定となり祝福を受けた。

stale

その他には、Xゲーム王者マーク・マクモリスや、またしてもcab1260ノーズ&ローストビーフ ダブルグラブで会場を盛り上げたスヴェン・ソーグレン、予選2位で勝ち上がったセブ・トゥーツもそれぞれ対戦に勝ちスーパーファイナルへと進んだ。

▼マーク・マクモリス1本目

▼マーク・マクモリス2本目

▼スヴェン・ソーグレンの会場を盛り上げたダブルグラブ

▼セブ・トゥーツ(BS1080)

▼マークには負けたが、素晴らしい運転手っぷりをみせたピートゥ・ピロイネン(cab1260 truckdriver)


ラウンド2リザルト:
×Maxence Parrot − ○角野友基
×Peetu Piiroinen − ○Mark Mcmorris
×Eric Willett − ○Sven Thorgren
×Kim Rune Hansen − ○Sebastien Toutant
×Antoine Truchon − ○Stale Sandbech

R2result

[スーパーファイナルの結果と動画はこちら]

【関連リンク】
○Air + Style
http://www.air-style.com/

○Air + Style facebook
https://www.facebook.com/airandstyle

○Air + Style Los Angeles 2015
https://www.facebook.com/events/318695551655413/

【関連記事】