11849221_980x1200_01

ジェイミー・バロウ(Jamie Barrow)が、小型飛行機にけん引されてのスノーボード滑走スピードで、新たに世界記録を樹立した。
ジェイミーといえば昨年、スイスのセントモリッツ スキーリゾートで、ジェットエンジンを手に装備しての時速80.45kmと、車にけん引されての時速112.63kmとの、1日で2つの世界記録を樹立したと話題になり、その前の年にはゲレンデの直滑降で時速151.60kmを出し、世界記録を樹立した世界最速のスノーボーダーだ。

今回のチャレンジは、とあるスキーヤーがサンモリッツの凍った湖で、小型飛行機にけん引されてる1枚の白黒写真を見てひらめいたとのこと。

DL1zl

当初はセントモリッツの凍った湖で同じように行う予定だったが、氷が不安定だった為、場所を近くの空港に変更して行われる事になった。

当日は良く晴れた日で、気温はマイナス17度。絶好のチャレンジ日和だ。小型飛行機がジェイミーが持つ木製のハンドルと繋いだロープを引っ張り、3回のランで時速125kmに達したようだ。

11849224_980x1200_01

11849220_980x1200_01

11849219_980x1200_01

「飛行機の離陸許可が下りたからチャレンジすることが出来たよ」と、ジェイミーがコメントした。

ジェイミーはイギリスのスノーボードクロス代表チームメンバーの22歳。2009年、2010年と2011年のジュニア スノーボードクロス3冠王でもある。オリンピックのメダル候補だったがケガの為に代表から外れた。

今回の動画は間もなく公開されるとの事なので、公開されたら引き続きヘビースノーカーでは追って紹介する予定だ。

▼追記:公開された動画がこちら(滑走シーンは2:50~くらいから)


過去の世界記録樹立動画

▼ジェットエンジンでの滑走動画


▼直滑降で時速151.60kmを出した動画