fislogo
パラレル大回転

スノーボードのW杯パラレル大回転の決勝トーナメントが7日、ドイツ・スーデルフェルトで行われ、女子の竹内智香は4位だった。準決勝でエステル・レデツカ(チェコ)に敗れ、3位決定戦ではマリオン・クライナー(オーストリア)に屈した。
レデツカが今季2勝目、通算3勝目を挙げた。3位のクライナーが最終戦(28日、旭川)を残してパラレル大回転種目別優勝を決めた。

男子の1回戦でともに敗れた吉岡健太郎は15位、川口晃平は16位だった。 優勝したのはアンドレイ・ソボレフ(ロシア)。

女子パラレル大回転リザルト:
Rank Athlete Country Results
1 LEDECKA Ester CZE
2 ZOGG Julie SUI
3 KREINER Marion AUT
4 TAKEUCHI Tomoka JPN
5 CALVE Caroline CAN
6 KARSTENS Anke GER
7 SAUERBREIJ Nicolien NED
8 KUMMER Patrizia SUI
9 KOBER Amelie GER
10 DUJMOVITS Julia AUT

women

男子パラレル大回転リザルト:
Rank Athlete Country Results
1 SOBOLEV Andrey RUS
2 WILD Vic RUS
3 KOSIR Zan SLO
4 DUFOUR Sylvain FRA
5 KARL Benjamin AUT
6 BERGMANN Alexander GER
7 GALMARINI Nevin SUI
8 FLUETSCH Kaspar SUI
9 REITER Justin USA
10 MATHIES Lukas AUT

men

(写真:エステル・レデツカと アンドレイ・ソボレフ| FIS-ski
(via:スポニチアネックス

【関連記事】