logo_granada2015_new_en
final

ユニバーシアード冬季大会第13日目は6日、スペインのシエラネバダで男女スノーボードクロスの予選と決勝が行われ、女子の岩垂かれんは9位、富田マリアは13位でともに16選手による決勝トーナメント初戦の準々決勝で敗退した。
前日の予選が悪天候で中止となり、予定を変更して予選と決勝の全てを1日で行われた。

富田は力の差を痛感した。中盤までは2位争いの後方についてかわす機会をうかがったが、「ターンの技もスピードの乗せ方も、段違いだった」。最後の直線で大きく差をつけられ、最下位に終わった。

大学に通いながらプロとして活動する20歳。大会前には長野県白馬村のホテルで約1カ月間、住み込みのアルバイトをしながらトレーニングを積んだ。レース後は落ち込んだ様子だったが、「こんなに差があると分かって課題も見つかった。また挑戦したい」と懸命に前を向いた。

日本人男子勢は出場していない。

男子スノーボードクロスリザルト:
1.- Nikolay Olyunin (RUS)
2.- Alessandro Haemmerle (AUT)
3.- Nathan Birrien (FRA)

女子スノーボードクロスリザルト:
1.- Alexandra Jekova (BUL)
2.- Chloe Trespeuch (FRA)
3.- Simona Meiler (SUI)

(写真:男子決勝の様子 | Granada2015
(via:時事通信1, 時事通信2

○ユニバーシアード冬季大会 公式サイト
http://www.granada2015.org/en/

○日本代表選手団 日程
http://www.joc.or.jp/games/univ/2015_winter/schedule/

○日本代表選手団 名簿(1月13日現在)(pdf)
http://www.joc.or.jp/games/univ/2015_winter/pdf/meibo.pdf

【関連記事】