image-9

アメリカのマンモスマウンテンで4日に開幕された世界最高峰の大会「U.S. Snowboarding Grand Prix(USスノーボーディング グランプリ)」は、男女スロープスタイルの予選が行われた。
男子では日本から唯一急遽出場した角野友基が1本目に最高得点の92.2ptを獲得し、2位のモンス・ローランドの85.38ptを大きく引き離して、上位10名で行われる6日の決勝へと駒を進めた。

[翌日からの天候悪化が懸念され同日開催となったファイナルの結果はこちら]

角野は出発前に急遽出場になった理由を自身のfacebookで「WST(TTR World Snowboard Tour)の参戦条件の変更がありポイント獲得のためにSPRINT U.S. SNOWBOARDING GRAND PRIX, MAMMOTH MTN.,CAに参戦しなくてはならなくなり急遽参戦をすることになり、いろいろな方のご協力で参加できることになりました。」と説明している。

他には、セブ・トゥーツ(4位)、ローペ・トンテリ(5位)、マックス・パロット(7位)、タイラー・ニコルソン(10位)らが決勝に進出している。

▼公開練習でのセブ・トゥーツ


セッペ・スミッツ、ピートゥ・ピロイネン、ライアン・スタッセル、エミール・ウルスレッテンらは予選敗退した。カイル・マック、スヴェン・ソーグレンらはリストアップされていたが出場をキャンセルしているようだ。

マーク・マクモリスとステール・サンドベックもまた、招待リストには名前があったが出場は出ていない。先週末に行われた「Burtonヨーロピアンオープン」での疲れもあり、Xゲームに続いて表彰台にたった二人はTTR World Snowboard Tourのポイントの関係で無理に出場しなかったと思われる。

▼マーク・マクモリスは「家に帰る途中でピローをヒットしたよ」と先ほどInstagramを更新した。

Found this pillow hit enroute home today! @nathanavila captured it on his phone😜 #racletteboys

Mark McMorrisさん(@markmcmorris)が投稿した動画 -



女子では、日本から唯一 鬼塚雅が出場予定だったが、リザルトには載っていないようだ。昨日の自身のブログにはマンモスに居て「今日は公開練習です!」と綴っていたが怪我をした可能性も(?)上位6名で行われる決勝には進めて居ない。怪我の為に大事を取って出場を見合わせたと後日ブログで発表した。

Burtonヨーロピアンオープンを療養でキャンセルしたアンナ・ガッサーは2位で決勝へ進出した。

5日は男女ハーフパイプの予選が行われ、日本からは平野歩夢、平岡卓、子出藤歩夢、佐藤秀平、平野英樹、大江光、松本遥奈、降旗由紀、岡田良菜の9名が招待されている。

男子スロープスタイル予選リザルト:
Rank BIB Last Name First Name Nat
1 14 KADONO Yuki JPN
2 20 ROISLAND Mons NOR
3 23 HUMPHREYSAsher USA
4 2 TOUTANT Sebastien CAN
5 10 TONTERI Roope FIN
6 12 MATTSSON Niklas SWE
7 5 PARROT Maxence CAN
8 13 BEAUCHEMINEric USA
9 17 HEDBERG Mans SWE
10 7 NICHOLSON Tyler CAN
[フルリザルト]

女子スロープスタイル予選リザルト(クリックで拡大):
Rank BIB Last Name First Name Nat
1 17 LANGLAND Hailey USA
2 7 GASSER Anna AUT
3 2 RUKAJARVI Enni FIN
4 16 BLASMAN Jenna CAN
5 13 JENSON Jessika USA
6 21 MARINO Julia USA
[フルリザルト]

[翌日からの天候悪化が懸念され同日開催となったファイナルの結果はこちら]



▼スキーヤーによるスロープスタイル コースプレビュー


○U.S. Snowboarding Grand Prix
http://ussnowboarding.com/events/grand-prix-mammoth-mountain-snowboarding