Thank you!

Candide Thovexさん(@candidethovex)が投稿した写真 -



Quiksilverのフリースキーライダー、キャンディッド・ソーベックス(Candide Thovex)が、GoProで撮影した新作のPOVビジョンムービーを公開し、前作以上に今回もヤバすぎると話題となっている。
1月15日にこの動画が公開されると現在までに既に1200万回以上再生される勢いだ。

キャンディッドのホームマウンテンで撮影されたこのムービーは、ゲレンデコース内からコース外まで縦横無尽に滑りまわり、それはスラロームをトレーニング中のスキーヤーや、レスキュー隊の頭を平気で飛び越えていくヤンちゃっぷりだ。

ラストの崖の下の小さな洞窟を抜けて、リフト降り場を猛スピードでスルー、そしてレストランにそのまま突っ込んでいくシーンまで終始ヤバイライン取りの連続で、正に見ているこっちが冷や冷やする、約5分間のジェットコースター ムービーとなっている。

現在33歳のキャンディッド・ソーベックスは、2000年から10年ほどXゲームなどで活躍した世界でもトップクラスのスキーヤーで、17歳のときにビッグエアーで初めて金メダルをとり、それから2003年にはハーフパイプ、2007年にはスロープスタイルで勝利している天才オールラウンダーだ。


candide
candide1
candide2
candide3

ちなみにRedBullの公式がコメントで指摘していたが、冒頭のキャンディッドが鏡の前でゴーグルを付けるシーン(0:18〜)だが、カメラが付いてないのに実に上手くゴーグルを頭に装着している。合成なのか細かいところまで非常に凝った作りだ。

▼ロシアの報道番組でも取り上げられたようだ。


▼前作のパート1はこちら。最後はパトロールカーを飛び越えてしまい・・・。


※全てはスキー場側と入念な打ち合わせと、準備、ロケハンの下で行われているので、良い子のみんなは真似をしないように。