LA

2015年2月21日(土)、22日(日)にアメリカのロサンゼルスで初めて開催される世界最高峰のビッグエアーコンテスト「Air + Style LOS ANGELES」の招待リストと、今季ここまで2大会のツアーランキング、ロサンゼルス大会ティーザーが発表された。
ツアーランキングでは、角野友基が4位に、稲村奎汰が10位にそれぞれ入った。二人とも北京大会ではベスト8進出し、続くインスブルック大会では角野は3位と大きくポイントを稼いだのに対し、稲村は第2ラウンドで敗退したのが大きく響いている。角野は最終決戦のロサンゼルス大会に招待されたが、稲村は残念ながら落選してしまった。

角野は先日行われたXゲームでスロープスタイルは予選敗退してしまったものの、ビッグエアーでは3位の銅メダルを獲得している。ロス大会での活躍が大いに期待できる。

a+s podium

そしてツアーランキング1位でLA大会のチケットを手にしたのは、もちろんあの男だ。北京大会で最後の最後に逆転をされてしまっての銀メダルとなり、インスブルック大会では見事悲願の初優勝となったステール・サンドベックだ。

ステールもまたX-Gamesで活躍を見せている。ビッグエアーでは5位で終わったものの、スロープスタイルでは僅か1ptの差で銀メダルを手にしている。

ツアーランキングの2位には、北京大会5位、インスブルック大会2位のピートゥ・ピロイネンが、ツアーランキングの3位には、北京大会1位、インスブルック大会8位のエミール・ウルスレッテンがそれぞれ入った。ピートゥとエミールは共にXゲームスロープスタイルに出場し、ピートゥは予選7位で決勝進出するもケガで辞退、エミールは決勝を7位で終えている。

他には、インスブルック大会4位、Xゲームスロープスタイルでも4位のセブ・トゥーツ、Xゲームビッグエアーで銀メダルを獲得したマックス・パロット、ここまで活躍が見られ無いソチ五輪金メダリストのセージ・コッツェンバーグ、Xゲームスロープスタイルの銅メダリスト スヴェン・ソーグレンなど、ツアーランキング上位9位までと、ランキング上位でなくても知名度や過去の活躍、その他で選考されたライダー達が招待された。

大株主でオーガナイザーとなったショーン・ホワイトは昨年の記者会見で、「Air+Styleは今大会より北京大会とインスブルック大会で勝ち残った上位ライダー達については、新たに加わった最終戦の舞台 ロサンゼルスへと進み16名で争う。」と発表している。

そこはツアーランキング10位に入った稲村も招待して欲しかったところだ。

また、北京大会とインスブルック大会共に活躍を見せられなかったローペ・トンテリは、週末に行われたFISスノーボード世界選手権のビッグエアーを制するも落選している。ホルダー・ヘルガソン、セッペ・スミッツらもまた落選している。

そしてロス大会からついに参戦してくるのが、X-Gamesでスロープスタイルとビッグエアーの2度目の2種目制覇を達成したマーク・マクモリスと、Xゲームではビッグエアーとスロープスタイル共に6位だったが世界的に絶大な人気を誇るトースタイン・ホグモの2人だ。


ロサンゼルス大会では、招待を受けた16名のスノーボーダー、16名のスキーヤーでそれぞれ2日間かけて争われる。

果たして角野は最終決戦でも表彰台に立つことが出来るのだろうか?世界の強豪達の激闘が再び繰り広げられる。

Air&Style 現在のツアーランキング

※LAのマークがロス大会への招待者

1. Stale Sandbech 191,89 LA
2. Peetu Piiroinen 163,92 LA
3. Emil Ulsletten 156,75 LA
4. Yuki Kadono 141,36 LA
5. Torgeir Bergrem 132,80 LA
6. Sebastien Toutant 130,37 LA
7. Niklas Mattsson 122,94 LA
8. Maxence Parrot 111,47 LA
9. Billy Morgan 100,54 LA
10. Keita Inamura 93,39
11. Tor Lundstrom 92,59
12. Sage Kotsenburg 84,77 LA
13. Kyle Mack 72,26
14. Mans Hedberg 60,59
15. Sven Thorgren 58,02 LA
16. Eric Willett 55,81 LA
17. Antoine Truchon 51,43 LA
18. Mathias Weissenbacher 50,52
19. Roope Tonteri 44,61
20. Kim Rune Hansen 41,65 LA
21. Seppe Smits 36,30
22. Carlos Gerber 26,13
23. Werner Stock 23,41
24. He Wei 8,62
25. Halldor Helgason 5,72
26. Torstein Horgmo LA
27. Mark McMorris LA

air style ranking

Air + Style ロサンゼルス大会 招待リスト

1. Stale Sandbech
2. Peetu Piiroinen
3. Emil Ulsletten
4. Yuki Kadono
5. Torgeir Bergrem
6. Sebastien Toutant
7. Niklas Mattsson
8. Maxence Parrot
9. Billy Morgan
10. Sage Kotsenburg
11. Sven Thorgren
12. Eric Willett
13. Antoine Truchon
14. Kim Rune Hansen
15. Torstein Horgmo
16. Mark McMorris

Air + Style LOS ANGELES ティーザー



おまけ

Air + Styleの公式から「X-Gamesでの勝利おめでとう!Air + Styleのロス大会で会いましょう」というコメントが添えられた動画がSNSで公開された。

ライダー達がそれぞれメダルを掲げた写真をInstagramにアップしたのをまとめられたものだが、再生してみると角野友基のが別人になっているのが分かる。


どうやら角野のサポートで同行している“マサさん”の写真を本人と間違えて使ってしまったようだ。外人から見れば日本人の見分けがつかないといったところだろうか。



【関連リンク】
○Air + Style
http://www.air-style.com/

○Air + Style facebook
https://www.facebook.com/airandstyle

○Air + Style Beijing 2014
https://www.facebook.com/events/820669137972305/

○Air + Style Innsbruck - Tirol 2015 presented by Opel
https://www.facebook.com/events/314099178777663/

○Air + Style Los Angeles 2015
https://www.facebook.com/events/318695551655413/

【関連記事】