地球イチバン

今夜、1月22日(木)の『地球イチバン』(NHK総合)は、美人過ぎるスノーボード解説者としても話題になったプロスノーボーダー 田中幸が“旅人”として登場する。
地球イチバンとは、地球上の様々なイチバンの地を訪ね“圧倒的な風景”と“究極の非日常”をトコトン味わう紀行ドキュメンタリー番組。多様な世界の今と、人生をちょっぴり豊かにするヒントを探る旅へと案内してくれる。番組ナビゲーターは役所広司。

【放送時間】
NHK総合1
毎週木曜 午後10時〜10時50分
毎週木曜 午前2時15分〜3時05分(水曜深夜)(再放送)

※田中幸が出演するのは今夜の放送分だけです。

番組内容

sachi tanaka

観光客でにぎわうビーチとは反対側のオアフ島北岸。ここに波乗りたちの聖地と呼ばれる場所がある。

奇跡の7マイルと呼ばれる地形によって、はるか日本近海からやってくる波のうねりは、ここでトラック一台がゆうに入る世界屈指の巨大な水のトンネルを生み出す。

その造形美は自然が生んだ神々しい芸術作品のようでもある。そして波と向き合う人々は、自然と対じする技を生み出してきた。あなたの知らないもう一つのハワイがここに!

番組詳細

surf

1942年。真珠湾攻撃の翌年。当時12歳だった、ホノルルのサーフィン少年ジョージ・ダウニングは、先輩たちに連れられて、初めてオアフ島北岸に足を伸ばす。

「ノースショア」

そこでは、オリンピック金メダリストのデューク・カハナモクやラッフィング・ジョンなど、数少ないウォーターマンが
既に、サーフィンを始めていたそうだ。

だが、こと6mを超えるような大波となると、誰も手を付けられなかった。前人未踏の大波がいくつもそびえていた。

「乗りたい」ジョージは気持ちを抑えられなかった。

バルサ材、ファイバーグラス、フィン、さらには航空工学など、当時最先端のテクノロジーを駆使、世界初の大波専用サーフボードの開発に成功、華麗に大波を滑走してみせた。

人間がひとつ限界を超えた瞬間だった。ジョージの挑戦から70年。世界一の波の街となったノースショアを3人の視点:写真家Brian BielmannサーファーJohn J. Florence

そしてライフガードTerry Ahueから見つめ、それぞれの波との対峙の仕方を描きます。

○地球イチバン 公式サイト
http://www4.nhk.or.jp/ichiban/


【関連記事】