竜王

長野県山ノ内町のスキー場で18日午後に雪崩があり、外国人2人が巻き込まれて死亡しました。
雪崩があったのは、山ノ内町の竜王スキーパークです。

午後2時半ごろ、中腹のコース外のエリアで幅30m長さ200mの規模で雪が崩れました。

この雪崩にアルゼンチン国籍のエスパリカ・マリオ・ロベルトさん(50)など2人が巻き込まれ、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察によりますと、2人は、別の外国人3人とコース外を滑っていました。

スキー場は、コース外滑走を禁止しています。



【関連記事】