雪崩事故

17日、新潟・妙高市で雪崩に巻き込まれたスノーボーダー2人が、18日午前に発見された。
雪崩に巻き込まれたのは、上越市の倉重嘉之さん(38)と水野 博さん(48)。

2人は17日、妙高市の粟立山で、整備されていない斜面を滑るバックカントリーでスノーボードをしていたところ、雪崩に巻き込まれた。

警察や消防が18日朝、捜索を再開し、午前11時すぎ、2人のいる場所に到達したという。

警察によると、倉重さんは意識があり、会話もできるということだが、水野さんは、意識がない状態だという。警察は、天候の回復を待って、ヘリで搬送する方針。

また、妙高市の赤倉観光リゾートスキー場で、17日から行方不明になっている30代の男性スキーヤーの捜索は、18日午前11時50分現在も続いている。


旧ARAIスキー場近くに位置する粟立山。あまり有名な山ではありませんが、広々とした斜面が魅力のとてもいい山です。妙高外輪山とはまた違った雰囲気で、山奥へ深く入り込んだ気分が味わえます。
出典:WEST × IN Field バックカントリーツアー『新井 粟立山』より

【関連記事】