雪崩

17日は東北や北陸で、発達する低気圧の影響で猛吹雪となっています。新潟では、スノーボードをしていた男性2人が雪崩に巻き込まれ、現在、連絡が取れなくなっています。
午前11時ごろ、妙高市の粟立山で、上越市の会社員・倉重嘉之さん(38)からスノーボード中に雪崩に巻き込まれたと消防に通報がありました。

倉重さんは自力で脱出しましたが、一緒に滑っていた会社員・水野博さん(48)は首から下が雪に埋まり、意識がないということです。

警察や消防が救出に向かいましたが、現場は雪で視界が悪く、17日の捜索は打ち切られました。

警察によりますと、現在、2人と連絡が取れない状態だということです。

北日本や北陸では18日にかけて猛吹雪が続き、最大で70cmの降雪が予想されています。また、強い風で交通機関が乱れる恐れがあり、警戒が必要です。


旧ARAIスキー場近くに位置する粟立山。あまり有名な山ではありませんが、広々とした斜面が魅力のとてもいい山です。妙高外輪山とはまた違った雰囲気で、山奥へ深く入り込んだ気分が味わえます。
出典:WEST × IN Field バックカントリーツアー『新井 粟立山』より

【関連記事】
「雪崩」関連記事一覧