八方尾根

12日夕方に長野県白馬村の八方尾根スキー場でコース外に転落した男性が、13日未明に死亡した。
八方尾根2

12日午後3時40分頃、白馬村の八方尾根スキー場で、長野県塩尻市の会社員・角田洋さん(51)がコースから外れて崖の下に転落した。松本市の病院に搬送されたが、13日午前3時前に死亡が確認された。死因は窒息死だった。

八方尾根3

現場は名木山ゲレンデの初級者用の林間コースだった。天気は晴れだったが、前日の雪で新雪が30センチ以上積もっていた。

八方尾根4

八方尾根開発・丸山直樹さん「車が上がっていく道で、それが初心者コースになっている。初心者が通るコースなので、そんなに難しい所ではない」

八方尾根8

警察によると、角田さんは事故の直前、コースの外を滑っていた。一度コースに戻ったところで、誤って高さ5メートルほどの崖を転落して雪に埋まったという。コースには転落防止用の柵は設置されていない。

八方尾根5

利用者「滑りやすいなと思うけど、狭いなと思うところもあります」「スピードコントロールができないと、斜度はないが幅が狭いから、きつい感じはする。自分のレベルに合わせたコース選択が必要」

八方尾根6

スキー場は現場に看板を設置して、カーブの手前ではスピードを落とすよう呼び掛けている。

八方尾根7

▼動画はこちら(スマホから見れない可能性あり)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150113-00000063-nnn-soci

▼上記が見れない場合はこちら(スマホから見れない可能性あり)
http://www.news24.jp/articles/2015/01/13/07267125.html


○白馬八方尾根スキー場
http://www.happo-one.jp/

○白馬八方尾根スキー場 | facebook
https://www.facebook.com/hakuba.happo