湯の丸

長野県東御市のスキー場でスノーモービルが暴走し、2人がけがをした事故で、スキー場の運営会社は、エンジンの回転が一気に上がって暴走したと説明しました。
10日午後4時すぎ、東御市の湯の丸スキー場で、スノーモービルがゲレンデを約450m暴走し、スキー客2人に相次いで衝突しました。このうち1人は意識不明の重体です。スキー場の運営会社は会見を開き、謝罪しました。

湯の丸観光開発・峯村文博社長:「(スノーモービルを)移動しようとエンジンを掛けた。掛けたら一気に回転が上がって暴走した。(エンジンを)掛けた瞬間に暴走。(運転手は)乗っていない」

また、スキー場では、運転手が座った状態でブレーキを掛け、エンジンをスタートするのが決まりになっていました。しかし、当時の状況については警察が捜査中で答えられないとしました。

警察は、11日朝から事故があったゲレンデで現場検証をしました。業務上過失傷害の疑いを視野に事故の原因を調べています。



『昨日発生いたしましたスキー場内での事故につきまして』

この度の事故では皆様には大変なご心配、ご迷惑をおかけ致しましたこと心よりお詫び申し上げます。

只今事故原因の調査を進めさせて頂いている状況ではございますが、ご心配をおかけしております皆様へ、現時点での状況をお知らせいたします。

1月10日土曜日、16:10頃、リフト従業員が、第4リフト降り場付近にスノーモービルを移動しようとエンジンを始動したところ、何らかの理由で(現在調査中です)モービルが急発進し、隣の第3ゲレンデを駆け下り、第3ゲレンデ内、第2リフト降り場付近にいらしたお客様2名に衝突し、重傷を負わせてしまった、という状況でございます。

被害を被られた2名のお客様の御容態が快方へ向かわれますよう、心よりお祈り申し上げます。

また当日スキー場にいらしたお客様、湯の丸スキー場をご愛顧頂いているお客様には大変な御心労をおかけ致しましたこと、深くお詫びいたします。

今回の事故原因を細部まで究明し、二度と事故を起こさないよう万全の対策を打ち立て再発防止を全力で努めて参ります。

安全にご利用いただける湯の丸スキー場をスタッフ全員で目指して参ります。



○湯の丸スキー場
http://www.yunomaru.co.jp/

○湯の丸スキー場 | facebook
https://www.facebook.com/yunomaruski

【関連記事】
長野県・湯の丸スキー場で、無人のスノーモービルが暴走してスキー客2人に激突!1人は意識不明の重体