ETT

毎月第3木曜日にお届けするSignal Snowboardsがおくる実験企画「Every Third Thursday(エブリィ サード サーズデイ)」のシーズン5 エピソード4が早くも公開された。
今回のETTは「スケートボード・スノーボード」のデュアルボード!

カリフォルニアの小さなスケートカンパニー Lithe Skateboard(ライズ スケートボード)の協力の下、カーボンファイバーを使用した板で、スケートとスノーと、どっちもライドできる次世代ボードを制作する。

ETT1

完成したこの長いデュアルボードを走行させるにはそれなりの大きさのあるスケートランプが必要とのことで、ロサンゼルス郊外に位置し、スケートキャンプでも有名なウッドワード ウエストのメガランプにて、ミッチー・ブルスコ(Mitchie Brusco)にテストランをしてもらった。

ETT3

ミッチーといえば、当時16歳の時にX-Games 2013のメガランプで史上初の1080を決め、あのトーニー・ホークをも驚愕させたプロスケーターだ。

ETT4

まずは普通のスケートボードでウォーミングアップ。

ETT6

さすがに高さのあるエアーを連発。

ETT7

ミッチーのライディングにSignalのボス、デイブ・リーもこの笑顔。

ETT8

そしてスケートボード用のデッキテープを貼っていよいよデュアルボードのテストランへ。

ETT9

見よ、この風貌w

ETT10

いざ、ドロップイン!

ETT11

この大きさのボードではミッチーをもってしてもここまでの高さのようだ。

ETT12

迫力満点w

ETT13

そしてデイブはウッドワード カッパーマウンテンへ移動し、Signalライダーのジェイク・アーロンソン(Jake Aaronson)に今度はスノーでのテストランへ。

ETT14

さすがにスノーではなんの問題無く滑走できたようだ。

ETT15

ETT16

▼動画はこちら


【関連記事】