無事発見

新潟・湯沢町のスキー場で2日から連絡が取れなくなっていた男女3人が、4日朝、救助された。3人とも、命に別条はないという。
救助されたのは、東京・世田谷区の練子広寿(ねりこ・こうじゅ)さん(45)と妻の真美(まなみ)さん(44)、杉並区の山本亜紀さん(40)の3人。

3人は、新潟・湯沢町の「かぐらスキー場」にスノーボードに出かけていたが、2日から連絡が取れず、警察などは、3人が遭難したものとみて、3日から捜索にあたっていた。

4日午前8時50分ごろ、県警のヘリが、3人が行方不明になったとみられる山の頂上からおよそ3km北側で3人を発見し、救助した。

地元警察は、「女性は手全体、男性は手の指と足、軽い凍傷の疑い」、「登山届は『出していません』ということで、『すみません』と言っています」などと話した。

3人は、町内の病院に搬送され、凍傷のような症状が見られるということだが、全員、意識がはっきりしていて、命に別条はないという。



【関連リンク】
○かぐらスキー場
http://www.princehotels.co.jp/ski/kagura/

○かぐらスキー場 | facebook
https://www.facebook.com/snowkagura

【関連記事】
かぐらスキー場での男女3人遭難事故、今朝から捜索を開始するも依然不明!スキー場は天候が悪く難航