捜索開始

新潟・湯沢町のスキー場に、スノーボードに出掛けた男女3人と連絡が取れなくなっていて、警察は、遭難の可能性があるとみて、3日朝から捜索している。
2日午後7時すぎ、湯沢町の「かぐらスキー場」の関係者から、「ロッジに宿泊していた3人がスノーボードに出掛けたが、夜になっても帰ってこない」と、警察に通報があった。

行方がわからなくなっている3人は、いずれも40代で、東京・世田谷区の練子広寿(ねりこ・こうじゅ)さん(45)と妻・真美(まなみ)さん(44)、杉並区の会社員・山本亜紀さん(40)。

警察などが、3日朝から、およそ10人態勢で捜索にあたっているが、これまでのところ、発見には至っていない。

警察は、3人がスキー場のコースを外れ、滑っていた可能性があるとみて、引き続き、捜索を続けることにしている。



スノーボードの3人遭難か依然不明 新潟

新潟県湯沢町のスキー場でスノーボードに来ていた東京の40代の男女3人と連絡が取れなくなっていて、警察などは遭難したとみて3日朝から捜索を続けていますが、行方は分かっていません。

連絡が取れなくなっているのは、東京・世田谷区の練子広寿さん(45)と妻の真美さん(44)、それに、知人で杉並区の会社員、山本亜紀さん(40)の3人です。警察によりますと、3人は大みそかから新潟県湯沢町にある「かぐらスキー場」に車で訪れ、ふもとのロッジに泊まっていました。

しかし、2日、ロッジをチェックアウトし、荷物を預けてスノーボードをしに出かけたあと、夜になっても戻らず、携帯電話もつながらないということです。

このため、警察と消防は、3人が遭難したとみて、3日午前7時半ごろから捜索を行っていますが、5時間近くたった今も3人の行方は分かっていません。

スキー場は天候が悪く、ロープウェーも山頂まで登れない状態だということで、警察などは午前中、中腹での捜索を終え、いったん下山したあと、天候の状況を見極めながら今後の捜索活動について検討することにしています。

NHKニュースweb
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150103/k10014404571000.html

【関連リンク】
○かぐらスキー場
http://www.princehotels.co.jp/ski/kagura/

○かぐらスキー場 | facebook
https://www.facebook.com/snowkagura

【関連記事】
新潟県・かぐらスキー場で40代の男女3人が遭難か?!車が駐車場に残されたままで携帯も連絡取れず