afr1412280009-p1

57人が死亡、6人が行方不明となった御嶽山(長野・岐阜県、3067メートル)の噴火から27日で3カ月を迎えた。

麓の長野県木曽町にある太陽の丘公園に設けられた献花台では発生時刻の午前11時52分、原久仁男町長ら約50人が御嶽山に向かって黙祷(もくとう)し、犠牲者の冥福を祈った。
原町長は「新しい年が災害のない平穏な年になるよう祈った。復興に向けて一歩一歩、進めていきたい」と語った。

木曽町の「開田高原マイアスキー場」では始業前の午前7時すぎ、スキー場運営会社の今孝志社長が「犠牲者への哀悼の念を忘れず前を向いてやっていこう」と呼び掛け、約30人が雪に覆われた御嶽山に向かって頭を下げた。

今社長は「(亡くなった方に)一生懸命頑張るので見守ってくださいという気持ちで黙祷した」と話した。

同スキー場は避難用シェルターを設置するなど新たな安全対策を取った上で、13日から今シーズンの営業を開始している。

捜索時にヘリコプターの発着場となった麓の王滝村にある松原スポーツ公園の献花台には時折、犠牲者を追悼する人が訪れた。噴火当日に山頂付近にいたという長野県駒ケ根市の男性会社員(56)は「助かったのは運が良かったということしかない」とかみしめるように語った。

(写真:御嶽山に向かって黙祷するスキー場の従業員=27日午前7時20分、長野県木曽町の開田高原マイアスキー場)

産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/141228/afr1412280009-n1.html

▼木曽町の献花台では観光関係者らが黙とう(14/12/27) | FNNニュース


○開田高原マイアスキー場
http://www.mia-ski.com/

○開田高原マイアスキー場 facebook
https://ja-jp.facebook.com/miaskiresort

【関連記事】
御嶽山の麓にある開田高原マイアスキー場が本日13日にオープン!「万が一」に備えシェルター設置