Burtonのホームページがやっとリニューアルオープンして、
いろいろと悪い噂がありましたが、これで全てがはっきりとされました。



まずはチームライダー問題。

50名以上のライダーを解雇するだとか、AチームとBチームに分けるだとかいろいろがありましたが、
それらはただの噂でした。

チームは以前にも紹介したGLOBALとROOKIE、JV、JAPAN、BX、
SPEEDというチームで構成されています。以前ここのNEWSでGLOBALチームを紹介した時に
いなかったライダーもサイトで確認することができます。

ただし、ジェイソン・ブラウンやベン・ヒンクリーなど数名のライダーの名前が消えています。
ジェイソンは新しいプロジェクトを始めているという噂もありますが、
それともANALOGだけでいくのかな???



次にボード「SEVEN」の問題。

やはり板の一覧表にはSEVENの名前がありません。
しかし、WEB上でボードを3本まで選択できて、サイドカットだとか、有効エッジだとか比較する
ことが出来るのですが、そこでは選択肢にSEVENの名前があるのです。

でも一覧表に名前が無いからやはりBurtonの販売では無いのでしょう。
(ANALOGのサイトにはっきりとSEVENの名前があることだし)

きっとANALOGもBurtonも元の会社は一緒だからここで比較できて便利だよって事だけ
なのかもしれないですね。



次に「eTeam」について説明します。

サイトがリニューアルしてオンラインコミュニティーというものを取り入れました。

現在9000人以上の登録があるBurtonサイトでは新たに会員獲得に力を入れるようです。
もちろん無料で登録が出来て、登録者は「eTeam」(イー・チーム)と呼ばれる
メンバーの一員になります。

登録を行うと、IDとパスワードを与えられ、伝言板、eTeamギャラリー、チャットルーム、
チームジャーナル、イベントカレンダー等のページにアクセスが可能になります。

Burtonのホームページはスノーボーダーによるスノーボーダーの為のサイト、
参加型のサイトになるということです。

4-SnowBoardersのサイトがやりたいことをBurtonのサイトも始めた、ということですね。

詳しくは www.burton.com へどうぞ!