北日本中心に天気大荒れ

発達中の低気圧と強い寒気の影響で、北日本は、22日も日本海側を中心に大荒れの天気となっている。また、西日本の太平洋側でも雪が降り、四国の平地では、積雪となる所がある見込み。
北海道では、日本海側を中心に雪が降り続き、22日未明には、えりも岬で32.5メートルの最大瞬間風速を観測するなど、大荒れの天気となっている。

22日も、北日本や日本海側の地域では、雪が降りやすく、北陸から北では、猛吹雪や大雪に警戒が必要となる。

予想される最大瞬間風速は、北海道で35メートル、東北の日本海側で30メートルとなっている。

また、午後6時までに予想される雪の量は、北陸で70cm、東北と北海道で60cmとなっている。

22日は、西日本の太平洋側でも雪が降る見込みで、山沿いでは大雪のおそれがある。四国では、平地でも積雪となる所があり、交通機関の乱れなどに注意が必要となる。



福島県内は会津地方を中心に雪 大雪や雪崩などに警戒必要

県内は会津地方を中心に雪

福島県内は、会津地方を中心に雪となっている。23日にかけて、大雪や雪崩などに警戒-が必要となる。会津若松市では 一晩で10cm以上雪が積もり、午前11時時点で40cmの積雪となっている。

通学する児童は「(こういう日の通学は?)歩きにくいし、雪道歩くと疲れる」と話した-。通学する高校生は「いつもバスで来てるんですけど、遅れたりするので。きょうは送って-もらいました」と話した。

日本列島は冬型が強まり、日本海側で大雪となっていて、県内は会津を中心に、23日ま-で雪が降り続く見通し。
また、先週の雪の上に、さらに雪が積もるため、雪崩や落雪にも警戒が必要となる。