FIS

スノーボードのワールドカップ(W杯)は19日、オーストリアのモンタフォンでパラレル回転団体が行われ、竹内智香(30)=広島ガス=、斯波正樹(28)=ネミー=組が3位に入った。
準決勝でイタリアのペアに敗れたが、3位決定戦でドイツのペアに勝った。

家根谷依里(30)=大林組=、吉岡健太郎(26)=はつみホーム=組は初戦でオーストリアのペアに屈した。

優勝はナディア・オシュナーとロラント・フィシュナラー(イタリア)のペアだった。

(via:時事通信)

(写真:Nadya Ochner (ITA) and Roland Fischnaller (ITA) | FIS)

○FIS(国際スキー連盟)
http://www.fis-ski.com/

【関連記事】
竹内智香ら日本勢は全員予選敗退=スノーボードW杯 男女パラレル回転