リバウェル井川

静岡市葵区井川の市営スキー場「リバウェル井川」で、オープン(27日予定)に向け造雪作業がピークを迎えている。18日も4台ある人工降雪機がフル稼働。
先週末からの冬将軍襲来で一足早く雪化粧した安倍奥の山々を背景に、ゲレンデ整備が進んでいる。

この日、標高約1400メートルに位置する同スキー場の最低気温は氷点下9・8度。運営組合の組合員入谷克己さん(44)ら2人が極寒の中、前夜から作業に取り組んだ。

「風も強いせいか、今日は特に寒さが身に染みる。だが、この調子で行けばオープンには間に合いそう」と、白い息を吐きながら声を弾ませた。

静岡新聞社
http://www.at-s.com/news/detail/1174151967.html



▼リバウェル井川冬季シーズンポスター
リバウェル井川

※毎年リバウェル井川スキー場のポスターは、学校法人静岡理工科大学静岡デザイン専門学校の生徒が授業の一環として作成している。

リバウェル井川
http://www.city.shizuoka.jp/deps/kouiki/riverwell.html