先週末に続き、今週末も、真冬並みの寒気が入り込む影響で、日本海側だけでなく、太平洋側でも大雪になるおそれがある。交通機関の乱れにも、注意が必要。
強い寒気の影響で、北日本では、午前中から雪や風が強まっていて、12日夜から、また雪が強まるとみられる。

この週末、日本海側は広い範囲で雪が降りやすく、14日にかけて、大雪に警戒が必要となる。

また太平洋側でも、近畿や東海で雪の降るところがあり、四国の山沿いでは、再び大雪になるおそれがある。

雪崩や屋根からの落雪に十分な注意が必要。

この週末、14日は、衆議院選挙の投票日だが、交通機関が大きく乱れるおそれもある。早めの行動を心がける必要がある。



13日夜にかけて予想される雪の量は、多いところで、北陸で80cm、東北50cm、そして、長野でも40cmなどとなっている。

地震の影響が大きかった長野・白馬村も、大雪のおそれがある。

そして、先週末、四国では、山沿い大雪になったが、最大20cmの雪が予想されている。

この予想は13日までのため、14日にかけては、さらに積もるとみられる。

12日夜以降、日本海側は広い範囲で雪となり、13日は冬型が強まって、西日本の太平洋側でも断続的に雪の見込み。

最も雪が多くなるとみられるのが、北陸の山沿いとなっている。