hiroshima

広島県北部の北広島町のスキー場で、中国四国地方のトップを切って14日から今シーズンの営業が始まり、待ちわびたスキーヤーたちが人工雪のゲレンデで初滑りを楽しみました。
北広島町才乙のスキー場「ユートピアサイオト」は、毎シーズン中国四国地方で最初のオープンを目指してゲレンデを整備しています。

ことしも、先月21日から人工的に雪を作る機械を使って6つのコースのうちの1つを整備し、14日午前8時すぎからリフトを動かしました。

スキー場にはおよそ300人が訪れ、スキーやスノーボードなどで一斉に滑り始めました。周辺の山々では今が紅葉の盛りで、スキーヤーたちは小雪の舞うなか、赤や黄色に色づいた山を背景に雪の感触を楽しんでいました。

スキーで初滑りした男性は「ずっと滑りたかったので、こんなに早く滑れてうれしいです」と話していました。

スキー場では、このあと積雪が進み、年末までにはすべてのコースで滑走ができるようになるということです。









○ユートピアサイオト
http://www.saioto.co.jp/

○ユートピアサイオト facebook
https://ja-jp.facebook.com/pages/ユートピアサイオト/164993623595581