水トク

12日に放送されたテレビ番組「水トク!『世界衝撃映像100連発』」の中で、2000年11月にオーストリアのキッツシュタインホルン スキー場へ向かうケーブルカーの火災事故について特集された。
この火災事故は、猪苗代町の中学生やインストラクターら日本人10人を含む犠牲者155人の大惨事となった。

奇跡的に12名だけは助かったのだが、その生死を分けた逃げ道の選択と、エンジンも燃料も無いこの列車が何故発火したのか検証した内容になっている。

いつ自分が巻き込まれるか分からない火災事故、いざという時の為に正しい選択肢を覚えておくのはいかがでしょうか。
「トンネル火災!あなたはどっちに逃げる?」トンネルの中で、ケーブルカーが火災!トンネルの出口に逃げるのか、それとも入り口に戻るのか?乗客の生死を分けた選択。実際の事故で検証!! ― 水トク!世界衝撃映像100連発
▼ケーブルカー火災事故は55:08〜80:38(約25分半)

犠牲者の方々に改めてご冥福をお祈りいたします。

オーストリアケーブルカー火災事故 wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/オーストリアケーブルカー火災事故

【関連記事】
オーストリア・ケーブルカー火災から8年 癒えぬ遺族の悲しみ /福島