sunscreen-skiing-snowboarding-skin-care-winter-tips

夏は美白のために紫外線対策をしっかりしている、という方も冬は日焼けしないからと紫外線対策を怠りがちです。

けれど、紫外線は一年中降り注いでいます。秋と冬、約半年間なんの紫外線対策もしないでいれば、紫外線による肌ダメージは積み重なる一方です。
◆冬の紫外線は肌の内側から壊す!?

紫外線にはUVAとUVBがあります。日焼けを引き起こすUVBは夏に多くなりますが、冬になるとかなり減少します。そのため紫外線対策を十分にしていなくても、日焼けすることがないのです。

しかし、UVAは冬でも夏の半分近くの量が地上に降り注ぎます。UVAは肌の奥までダメージを与えるために、肌の弾力やハリなどが失われる原因となります。さらにガラスを透過するために、室内にいても紫外線ダメージを受ける可能性は十分あります。肌を紫外線のダメージによって老化させないためにも、年間を通した紫外線対策が必要になります。

◆冬は肌の乾燥がダメージを加速させる!

冬になると空気が乾燥しますね。それにより、肌がカサつくなど乾燥も気になってくる季節です。肌がカサつくと、肌を守るためのバリア機能が十分に働かなくなり、紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

そればかりか、紫外線には肌の水分を奪う働きがあるため紫外線対策をしないままだと、より肌の乾燥を加速させてしまいます。そのためにも、冬は十分な保湿をすることが紫外線対策の前段階で大切になってきます。

保湿力の高い化粧水を使う、フェイスパックを使うなどして肌の乾燥を防ぎましょう

逆にしっかりと保湿しているのに乾燥が気になるという場合は、紫外線のダメージが原因かもしれません。そのような場合は、日焼け止めクリームなどで紫外線対策を行いましょう。

◆冬の日焼け止めはSPF20〜30を

紫外線対策を考えるあまり、SPFが高すぎる日焼け止めクリームを肌に塗ることはオススメできません。SPFが高いと、肌へのダメージも比例して大きくなります。冬の日常生活においては、SPF20レベルの日焼け止めクリームで十分です。

しかし冬のスキーやスノーボードといったレジャーシーンの場合は、SPF30を目安にしましょう。普段よりも長い時間外にいるだけでなく、空気が澄んでいる、雪の反射がある、標高が高いなど紫外線の影響を受けやすい条件がそろっています。日焼け止めクリームはムラのないように塗り、夏と同様に汗をかいたらこまめに塗り直しましょう。

冬の紫外線対策をしっかりとし、紫外線ダメージを感じさせない肌を保ちましょう。

マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2014/11/10/596/

ショッピングモールでSPF30を探す