紅葉に彩られた長野県軽井沢町の軽井沢プリンスホテルスキー場が1日、今シーズンの営業を開始した。オープンを待ちわびた約500人のスキーヤーやスノーボーダーらが滑走を楽しんだ。

軽井沢は気温が低く雪が解けにくい一方、冬の晴天率が約90%と高いことで人気。
同スキー場はオープンに向けて、10月上旬から8基の人工造雪機をフル稼働させ、長さ約400メートルのコース2本をつくりあげた。

この日はあいにくの雨だったが、スノーボードを楽しんだ灰野綾香さん(29)は、「こんなに早く滑るのは初めて。秋と冬が同時に味わえて最高です」と興奮した様子だった。12月下旬には全10コースがオープンする見込みだ。

産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/141101/lif1411010052-n1.html

○軽井沢プリンスホテルスキー場
http://www.princehotels.co.jp/ski/karuizawa/