めいほうスキー場

日本駐車場開発(株)の連結子会社である日本スキー場(株)が、めいほう高原開発(株)の株式を取得し、日本駐車場開発の孫会社化すると発表した。
取得価格は、約1.6億円。取得株式数は、3,240株で、所有割合は、61.36%とし、譲渡日は平成26年10月29を予定。

日本スキー場は、長野県や群馬県のスキー場を運営しており、平成24年11月には、長野県にある白馬観光開発(株)及びその子会社を取得し、多数のスキー場運営を手掛けており、その中には冬季長野オリンピックが開催された会場もある。

今回の買収により、めいほう開発が持つ名古屋圏内からのアクセスが非常によく、安定した来場者を確保していることから、今回の買収に至った。

今後は、互いの相乗効果を発揮し、さらなるサービスの充実と事業基盤強化を図る。

(M&Aニュース:http://ma-times.jp/9725.html


【日本駐車場開発株式会社 / 日本スキー場開発株式会社 運営施設・サービス】
■スノーシーズン
HAKUBA VALLEY 白馬八方尾根スキー場
HAKUBA VALLEY 白馬岩岳スノーフィールド
HAKUBA VALLEY 栂池高原スキー場
HAKUBA VALLEY 鹿島槍スキー場
北志賀高原 竜王スキーパーク
川場スキー場
レンタルショップ SPICY
白馬山麓ツアーズ

■グリーンシーズン
白馬八方尾根
白馬岩岳ゆり園&マウンテンビュー
栂池高原
鹿島槍スポーツヴィレッジ
白馬山麓ツアーズ
レンタルショップ SPICY
竜王マウンテンパーク
BASE CAMP KAWABA
KAWABA SK8 PARK

■オールシーズン
MARUNOUCHI Bike&Run
リゾートレンタル
かわばんち

株式の取得の理由

当社の連結子会社である日本スキー場開発株式会社は、Hakuba Valley鹿島槍スキー場(長野県大町市)、竜王スキーパーク(長野県下高井郡山ノ内町)と川場スキー場(群馬県利根郡川場村)を運営することで、スキー場事業の収益化を達成し、また、平成24年11月において、白馬観光開発株式会社(長野県北安曇郡白馬村)及びその子会社の事業を取得し、Hakuba Valley 白馬八方尾根スキー場、Hakuba Valley 白馬岩岳スノーフィールド、Hakuba Valley 栂池高原スキー場の運営を開始しました。

冬季においては、長野オリンピックのメイン会場の一つであったHakuba Valley 白馬八方尾根スキー場をはじめ、Hakuba Valleyの有する雄大なスキー場やパウダースノーに魅了された多くの訪日観光客が来場し、また、夏季においては、多くの来場者に美しい自然景観を楽しんで頂くなど、日本スキー場開発株式会社は、事業拡大及び事業成長を実現しつつ、スキー場再生モデルの確立に道筋をつけながら、より一層の発展に向けた取り組みを継続しております。

このたび株式を取得するめいほう高原開発株式会社が運営するめいほうスキー場(岐阜県郡上市明宝)は、名古屋圏からのアクセスが非常によく、また周辺の有力スキー場と比較すると、標高が高い強みを有しており、他のスキー場の来場者数が伸び悩みする中で、安定した来場者数を確保しており、業績は増収傾向にあります。

めいほうスキー場の持つ魅力や発展性に着目し、めいほう高原開発株式会社を当社グループに迎え入れることにより、当社グループ運営スキー場との相乗効果を発揮することで、日本のスキー場業界における競争優位性を確保し、更なるサービスの充実や事業基盤の強化が図れるものと判断しました。

○めいほうスキー場
http://www.meihoski.co.jp/

○めいほうスキー場 facebook
https://www.facebook.com/pages/めいほうスキー場/177205185687721